オーストラリア留学での学費以外のお金はどれだけかかるの?気をつけたい滞在費のほかにもかかる費用


 

さて、今回は留学の際学費以外にいったいどのようなお金がかかってくるのか。心配なところですよね。国によって物価などが違うので下の表も参考になると思います。

ホームステイ 1ヶ月間 3ヶ月間 6ヶ月間 9ヶ月間 12ヶ月間
アメリカ 10~13万円(12万円) 30~39万円(35万円) 60~78万円 (69万円) 90~117万円(104万円) 120~156万円(138万円)
カナダ 8~10万円(9万円) 24~30万円(27万円) 48~60万円 (54万円) 72~90万円 (81万円) 96~120万円(108万円)
オーストラリア 8~10万円(9万円) 24~30万円(27万円) 48~60万円 (54万円) 72~90万円 (81万円) 96~120万円(108万円)
ニュージーランド 8~9万円(9万円) 24~27万円(26万円) 48~54万円 (51万円) 72~81万円 (77万円) 96~108万円(102万円)
シェアハウス 1ヶ月間 3ヶ月間 6ヶ月間 9ヶ月間 12ヶ月間
アメリカ 5~12万円(9万円) 15~36万円(26万円) 30~72万円 (51万円) 45~108万円(77万円) 60~144万円(102万円)
カナダ 4~9万円(7万円) 12~27万円(20万円) 24~54万円 (39万円) 36~81万円 (59万円) 48~108万円(78万円)
オーストラリア 4~8万円(6万円) 12~24万円(18万円) 24~48万円 (36万円) 36~72万円 (54万円) 48~96万円 (72万円)
ニュージーランド 3~8万円(6万円) 9~24万円(17万円) 18~48万円 (33万円) 27~72万円 (50万円) 36~96万円 (66万円)

では、実際オーストラリアに滞在していた私はどんなことにお金がかかっていたのでしょう。

まずは、衣食住の衣服。私は日本からある程度の服を持って行ったのでほとんど買うことははありませんでした。英語を伸ばしたい!と買う気もないのにお店の店員さんと話すことはあっても買うことはありませんでした。(ちなみにこれはただでネイティブと喋る方法の一つです)ここは、一番経費を削れる部分だと思います。

lush

パースのラッシュでよく無料英会話(笑)をしていました。

次に。どこの国でもそうですが、外食は高いので基本的には自炊をしていました。オーストラリアでは調理済みの製品と、加工していない野菜、肉などは税率が違ったため、安い税率の無加工の野菜、お肉などを買っていましたが、それでも一ヶ月200AUDはかかっていました。食費を減らしたい人はまかないの出るバイト先をお勧めしますよ!私はまかないのおかげで相当助かりました。

imagesogqii5pt

オーストラリアで売られているアイスクリームで、値段は高めですがとってもおいしかったです。

住居費。最初は英語に自信がなかったためホームステイから開始。一週間で230AUDほどかかっていました。その後シェアハウスを見つけ(見つけ方や注意点などはまた書かせていただきますね)、130AUD/w払っていました。これも都市により違いがあります。大学になどがあれば別ですが、基本的には海外での滞在先はこの二つになります。日本で滞在先を見つけてから出発するのが一般的ですが、現地のバックパッカ―やホステル(個人の部屋もありますが、二段ベットが並んでいて数人で部屋をシェアし、トイレ、シャワーは別のところにあり、共有するなど)のような安い宿泊施設に滞在している間に自分の足で長期滞在先を見つけるつわものもいました。日本にいる間に滞在先を決めておきたいところですが、自分の目で部屋やシェアする相手も見れるので安心と言えば安心かも知れません。

imagesg8as50jc

ホステルはこんな感じ

その他には交通費もかかりました。なるべく学校から近いところ、またはバイト先が近いところに住んで交通費を減らせます。または、私のように安い中古車を買って自由を手に入れてもいいでしょう。中古車は日本と違って値段が下がりにくいので、売る時に買った時の値段以上で売れるときもあるのです。ガソリンは日本に比べるとだいぶ安かったです。オーストラリアではガソリンのことをPetroとよんで、ガソリンスタンドはPetro Stationと言われていました。

また、お酒好き、たばこ好きの人はご注意を!オーストラリアは酒税が高く、コロナビールでも13AUDほどしていたように記憶しています。さらに、たばこは肺がんの人の肺の写真がたばこのパッケージのほぼ全面に描かれており、1パック20本が16AUD~26AUDで売られていますが、さらに値上げを検討しているようです。国によって税率は違うので、お酒やタバコが好きな人は確認してから国を決めるのもいいと思います。

imagesl4zbdlrg

こんなパッケージのタバコも。。

通信費。現地でスマホを契約するのもいいですが、日本のように2年契約がほとんど。滞在期間がそれより短かったりはっきりしていない場合はもったいないです。なので、シムロック解除してある安いスマホ、あるいは携帯を買って通信費だけ払うという安い方法もありますよ!

大事なお金。。。せっかくなら経費削減をして有意義なことに使いたいですよね!ぽちっと留学では個人手配より安く海外留学できます。なんでもご相談くださいね!

☆次回は「留学前、日本にいる間にただで英語力を上げる方法」についてお伝えします。


役に立つ英会話フレーズvol.3 “as well…”

よく学校では”As well as ~” 「~と同様に」というふうに習いましたよね。今回はこのas wellを使った英会話によく出てくるフレーズをお伝えします。「~も」というときに、”too”や”also”を使ったりしますが、”as well”も文章の最後に使えます。例えば”I leaned Chinise too” と”I leared chinise as well” は同じ意味になります。また、”might(may) as well”を使って”We might as well drop by a post office before going shopping”と「買い物に行く前に郵便局寄ってってもいいね」のように、「してもいいか」などの意味で使われたり、「そうでもいいね」といった意味でも使われます。