オーストラリアなど留学先現地の情報はClassifiedsで簡単に見つけよう!


gumtreelogonow1現地で使える色々な情報を集める方法の一つをお伝えします。それはClassifiedsです。「分類された」という意味もありますが、仕事、グッズ、部屋、車など項目が分類されていて自分の見つけたい情報が簡単に探せます。

 

もしオーストラリアの情報を手に入れたい方はGumtreeというサイトを見てみてください。

http://www.gumtree.com.au/

Gumtreeだけでなくても検索エンジンに「調べたい都市名」「Classifieds」と入力すれば地元の情報が出てきます。例えば”London Classifieds uk”で調べると

img_3744このように出てきます。水道が詰まった時や電気の問題が起こった時に呼べる会社や、チャイルドケアセンターなどのサービスが調べられたり、物を売ったり買ったりもでき、さらにテニスしたいな―なんて思った時にはサークルが調べらるサイトもあります。出会いを見つける場にもなるようですよ。

私はオーストラリアのセカンドワーキングホリデービザを取る時に必要条件として3カ月以上第一産業にかかわらなけらばならないのですが、そのお仕事をGumtreeで見つけたり、車を売る時にGumtreeに情報を載せました。

生活に密接した単語がたくさん載っているので留学に行く前にClassifiedsのサイトを覗いてみて事前に勉強されるのも手だと思います。

☆次回は岐阜県で受けられる奨学金です!


役に立つ英会話フレーズvol.9 “Come on”

“Come on”には言い方や使い方によっていろいろな意味があります。メジャーなのは「行くよ」のような意味で言う時ですね。他では、サッカーを見ていて応援しているチームが攻めている。よし!頑張れ!点を取れ!のような時にも”Come on!Come on! Come on!”また、ねぇ、映画行こうよと相手を誘ったら相手が乗り気じゃなかった、その相手を説得するように”Come on! Let’s go!I bet you’ll enjoy it!”「いいじゃん、行こうよ!!絶対楽しいから」そして、相手が冗談を言った時に”Come on!”「よせよー」といった意味にもなります。