オーストラリア」カテゴリーアーカイブ

オーストラリアでのバイト面接、ステップと注意点

緊張のオーストラリアでのアルバイト面接。どのようなことを聞かれるのか、また、面接時の注意点についてもお伝えします。

オーストラリアでのアルバイト面接の順序

 

ステップ1 電話がかかってくる

日本人の店長でなければ英語でかかってくるでしょう。緊張します。ですができるだけ明るく対応し、日本人にありがちな英語が分かっていなくても分かっているふりをするのはやめましょう。大事なことを伝えられていので間違いがあってもいけませんし、理解していないと相手に分かったら雇ってもらえません。分かるまで聞き返してください電話が難しいのであれば、その店に直接行って用件を聞きに行くという内容の英語の文章を予め考えて用意しておき、お店に行ってもいいと思います。

この電話では基本的には「何時にどこで面接をしたいので来てください。」と言われます。

 

ステップ2 直接面接

飲食業のバイトであれば昼と夜の営業の間に面接をすることが多くなります。面接時に聞かれることのが多いのは、

  • 自分自身のことを紹介してください
  • 志望動機は何ですか(履歴書を配りまくった場合、志望動機なんてものはないので面接までにもっともらしいことを思いついておいてください)
  • オーストラリアでのバイト経験はありますか(経験がある場合どのような業務をしていたか)
  • 同じようなバイトの経験はありますか
  • いつから働けますか
  • 何曜日の何時から何時まで働けますか
  • いつまで働ける予定ですか(ワーキングホリデーは同一箇所で6カ月まで)

などです。

ステップ3 合否連絡

すぐに決まる場合もありますが、なかなか決まらない事も多々あります。決まりそうなのはいいけど、家から遠くて交通費と時間の無駄になりそうなこともあります。どこで折り合いをつけるかを考えてみてくださいね。

ワーキングホリデービザ所有者は短期間しか働けない、急に来なくなってしまう、などいろいろ問題が発生しているようです。なのでワーホリの人をとりたがらない場所も増えているそう。人としてマナーはどの国でも共通です。ワーキングホリデー中はプランがコロコロと変わることがありますが、そこも店側と相談することや、次の人を見つけてからやめるなどの配慮をお願いします。

面接時の注意点

  • オーストラリアは比較的自由な国ですがさすがにTシャツ短パン、ビーサンは避けてください。
  • 面接は緊張するもので、英語ならなおさらです。いつもの50%も力が出せないかもしれません。「本当はもうちょっと喋れるのに、アピールできるのに」と落ち込んで帰ることも多々あります。そんな時は“I’m really nervous”「すごく緊張しています」と面接が始まる前に正直に伝えれば、面接をする人もこれがこの人のすべてだとは思わないし、気を落ち着かせるような配慮をしてくれるかもしれません。
  • 自ら履歴書を配った場合、どのような時給(納税義務を果たしていない店も多くあります。かといって一概ににそこで働いてはいけないとは私は思いません。また最低賃金を守っていないお店もあります。)、仕組で従業員が働いているお店かわからないので、面接時にしっかりと確認してください。
  • 勤務時間も確認してください。
  • まかないはあるのか(なかなか聞けないと思いますが、あるととっても嬉しい。)
  • 面接をしてみて、この店で働きたくないと思った場合はきちんと伝えましょう。そうでなければ向こうの時間もこちらの時間も無駄になってしまいます。勇気のいることですが、丁寧に理由を話したら受け入れられすはずですし、店側も他の人に当たれます。

次回からは岐阜オフィスゆりのバイト体験を数回に分けてお伝えします。


役に立つ英会話フレーズ ”Clueless”

clueは手掛かりや糸口などの意味があります。会話の中で「全く分からない」とつたえたいときに”I have no idea”ともいえますが、”I’m clueless”とも言えます。

“Do you know what happened to my pudding in the fridge?”

「冷蔵庫のプリン知らない?」

“I’m clueless.”

「全くわからん」

 

 

オーストラリアパースの語学学校Milner International College of English

ポチット留学岐阜オフィスゆりが経験したオーストラリアパースのMilner International College of English 語学学校コース、General English, TESOL, IELTSについてお伝えします。

Milner International College of English

まず通い始めたのはパースのダウンタウンにあるミルナーインターナショナルカレッジオブイングリッシュです。https://www.milner.wa.edu.au/

General Einglish

ミルナーを選んだ理由は他の学校より短い期間で取れるTESOLコースがあり、ヨーロッパ人が多いと書かれていたので日本人が少なそうだと考えたからです。初日にプレースメントテストを受けてGenelal EnglishのIntermediateから始めました。そのコースには3週間いました。日本人はクラスに2人で、他は色々な国からの生徒たちがおり、10数人と記憶しています。やはりスピーキング、リスニング力は日本人ははるかに劣っていましたが中1で習うような英語文法を知らない生徒もたくさんいました。

TESOL

次に5週間のTESOLコースを受けました。15人ほどのクラスでほとんどが日本人と韓国人でした。英語のレッスンプランの立て方、ゲーム、楽しい授業運営の仕方、実際にプランに基づいての授業のデモンストレーションなどを学びました。

DSC00482

TESOLクラスの時の集合写真です。

IELTS

先払いしていたコースのお金が余っていたのでより英語力を伸ばせるだろうIELTSコースを選択。クラスは7,8人で日本人はいませんでした。ここでは長文読解の方法、論理的なライティングの仕方、文章のつなげ方、試験に頻出する単語、リスニングのヒントなど本当にたくさん学べ、自分の英語力がめきめき上がっていくのを感じました。

メリット、デメリット

メリット

  • ミ先生と生徒の距離が近い
  • カフェテリアが一階にある
  • 図書室があり親切な司書さんがいる
  • イベントも充実している
  • 校長がフレンドリー
  • ヨーロッパ人が多い
  • 生徒が住める部屋がある
  • 生徒なら無料で受けられる放課後クラスがある〈歌のクラスなど)

デメリット

  • 事務員の数が足りない、不親切
  • ヨーロッパ人は多いが、聞くと日本人の授業料よりだいぶ安い
  • イングリッシュオンリーポリシーはない(が、あっても守られていない所が多い)
  • 生徒の使えるパソコンの台数が生徒数に比べて少ない
  • 電子レンジやポットなどが昼休みに込み合っている

総合的にみるとミルナーにしてよかったと思っています。

次回はワーキングホリデービザから学生ビザに切り替えて通った、WAIFS(West Australia Institute of Further Studies)とStelring Business Collegeについてお伝えします。


役に立つ英会話フレーズ”Dine in or take away”

オーストラリアのレストランで”Dine in? or Take away?”と聞かれました。Dineとは食事するという意味で、店内で食べるか、持ち帰りかと聞いてきたのです。最初は何を言ってるのか分かりませんでしたが、日本語のダイニングはこれが語源かと気づいたらしっくりきました。また、オーストラリアは”Take out”ではなく”Take away”と言います。

 

オーストラリアでのホームステイの注意点とホームステイ経験者の実際の声

ホームステイ第3弾。 オーストラリアのホームステイでの注意点と実際に聞いたホームステイでの良かった点悪かった点です。

オーストラリアでのホームステイの注意点

オーストラリア、特に西部や南部は気持ちの良い天気が続くのですが、その半面水が不足しがちです。なので、多くのホストファミリーあるいはオーストラリア人から、「水を大切に使ってください」とお願いされます。

「シャワーは5分で出てね。」髪の長い女性はもう必死

「お皿を洗うときは貯めた水にくぐらせて泡を落としてね。」と言われます。

実際、シンクは洗う場所、すすぐ場所で二つに分かれています。

続きを読む