オーストラリアでのシェアハウスの選び方、注意点


週末に名古屋のインターナショナルスクールのイベントに行ってきました。チャリティーバザーや、手作りクッキーオーナメント、クラフトなどたくさんのブースが出ていました。その学校は幼稚園から高校まである学校で、世界中から子どもが来ているので、イベント中も色々な国の言語が飛び交っていてすごくわくわくしました。教員も英語はもちろん日本語もとても上手で、自分の国の言葉を覚えて使ってくれるということは嬉しく感じました。皆さんも、きっと留学先でその地の言語を一生懸命使ってコミュニケートしようとしている姿は温かく受け入れられると思います。「留学のその先」の一つとして、日本語を教えたり、インターナショナルスクールの教員になるという手もありますね。

さて、前回から引き続きテーマはシェアハウスです。今回は現地でどのようにシェアハウスを見つけるかを順を追って説明しますね。

①情報収集の仕方

110308tafe31 iga

  • 語学学校の掲示板
  • 現地にある留学エージェントの掲示板
  • スーパーの掲示板
  • 日本食レストランやスーパーの掲示板(日本人と一緒に住みたい場合)
  • Facebook
  • 日本人がよい人はmixiもあり
  • Gumtree(オーストラリア限定の情報サイト)

②情報から読み取る点

img_3737

  • 大概週何ドル(貨幣による)で示されているので妥当かどうか
  • 駅から近いか
  • 安全な地域か
  • オーナーはどのような人か
  • 他にシェアメイトはいるか、どんな人か
  • 一人部屋か

③気に入ったら連絡してみよう

電話でもいいですし、最初は緊張するわ―って人はメールアドレスがわかっていればそこからでもO.K.その時に気になることはできたら聞いておこう

  • 光熱費が含まれた金額か
  • 洗剤などは誰が払うのか
  • シェアする部分は(リビングなど)誰が掃除するのかなど
  • インターネットの環境はどのようなものか(学生は宿題もあるのでネット環境は必須)

④オーナーの態度もいい感じであれば下見に行こう

!!特に女性は複数で行くことをお勧めします!!

下見に行ったときにはこんなところを見てみよう

  • オーナーさんが話しやすいか
  • 清潔か
  • 自分の部屋は気に入るか
  • よくパーティする家か
  • できたらシェアメイトにも会ってみよう
  • 書かれていた情報を確認(家賃、駅からの近さなど、書かれていたことが本当かどうかを確認しよう)
  • 他に家のルールなどあるか
  • 私のように動物アレルギーがある方はペットがいるかも確認必須!
  • 周りにスーパーなどがあるかも聞こう
  • ボンド(bond)と呼ばれる敷金のようなものはいるか

最初は緊張してしまうし、うまく自分の言いたいことが伝わらなかったらどうしようという気持ちもあると思うので、言いたいこと、聞きたいことは紙に書いてまとめていきましょう。条件に合わなくてオーナーさんから断られることもあるのであまりショックを受けないようにしてくださいね^^

bronny2

私が借りていた部屋の写真も載せます!140AUD/w でボンドが二週間、光熱費や洗剤などのお金はすべて含まれていました。トイレ、バスルーム、リビングなどの共有スペースは週替わりで交代して掃除していました。

あなたにいい部屋が見つかりますように!!

☆次回は地元の人たちも熱狂オーディション番組!それを見て現地の言葉も勉強しよう!です。


役に立つ英会話フレーズvol.7 “sleep in”

海外の人はよく”How was your weekend?”と聞いてくれます。でも毎週毎週イベントがあったり、出かけているわけではないので、寝てるだけだった。っていうこともあると思います。そこで”sleep in” 「寝坊する」の意味もありますが、「遅くまで寝ている」という意味もあります。だらだらした休日。最高です。なので、週末どうだった?と聞かれて「一日中寝れたわー」っていうときは、”I got to sleep in all day”と使ってみてくださいね。